排斥処分のお知らせ〜エホバの証人への福音・管理人より


排斥処分のお知らせ〜エホバの証人への福音・管理人より

数ヶ月前にさかのぼるが、当サイトの管理人である私は、ものみの塔聖書冊子協会(エホバの証人)から、正式に排斥処分を受けた。これだけ、エホバの証人の教えに反論する活動をしておきながら、逆に、まだ正式な脱会をしていなかったのか、という、やや突っ込みたくなるような報告かもしれない。

もっとも、親族のエホバの証人への配慮などもあったので、あえて、正式に脱会するという方法は選ばず、「自然消滅」という体裁を装ってきたのだ。(同じような理由で、あえて正式な脱会をしない信者は、かなりの数に上る)

しかし、そんなある日のこと、私の自宅に、エホバの証人の長老が突然訪ねてきた。親族経由で、私の居所を突き止めた地元の会衆が、私に悔い改めを迫るために、長老による訪問を決定した、ということだ。

地元で顔を知られると、色々と面倒くさいこともあるので、手紙によるやり取りをする流れとなっていったが、最終的には、「疑念を広めた罪」に関し、審理委員会が設けられることとなった。どうやら、私が色々な方法で、組織に対する疑念を広めている事が、何らかのルートにより、発覚したようだった。

当然のことながら、私としては、聖書と組織に関し、真実を伝えることをモットーに働いてきたわけだが、彼らにとっては、私の行動は、サタンから以外の何物でもないのだ。

私は、再三にわたり、その長老に次のように伝えた。

もしも、私が伝えてきた情報が真実であるならば、私はエホバに対して罪を犯してこなかったことになり、むしろ、隣人に真実を伝える、という聖書の教えを実行してきたことになるので、悔い改める必要はない。

一方、もしも私が伝えてきた情報が不真実で歪んだものであれば、私はエホバに対しても、組織に対しても、罪を犯してきたことになる。その場合、私は悔い改めなければならない。だから、私の命を本当に心配し、悔い改めに導きたいと願っておられるのであれば、ぜひ、一連の資料に目を通し、その誤りを指摘していただきたい。

長老団には、当サイト内でも既に公開している記事「長老団への手紙」にあるような資料を提供した。しかし、残念ながら、長老団の回答は終始「質問には答えない」というものだった。もっとも、このような対応は、予め予測できていたことではあるが、彼らがあまりにも、組織からのマニュアル通りに事を進め、真実と向き合おうとしないので、私は残念に思った。この組織の闇は、想像以上に深いのだ。

結局、審理委員会に出席したところで、彼らが自分たちのルールを一方的に押し付け、疑問に答えない姿勢を貫く事が目に見えていたので、私は欠席した。

その後、しばらくしてから、長老から電話があり、私の排斥処分が決定された事を、正式に通知された。電話の終わりに、自身のエホバの証人としての軽い経験を話し、「神は長老たちに真実を知る事を願っておられる」という愛に基づくメッセージを添えた。

排斥されてから、約一週間後の日曜日、私は普段から通っている教会の礼拝に出席していた。賛美をしている時、神の臨在の中で、キリストの愛が私に迫り、涙がとめどなく溢れてきた。その涙は、ただ神の恵みによって、自分があの闇の組織から救い出された事を深く実感したことによるものだった。一切の後悔や悲しみはなく、ただ、救われて神の子供とされ、キリストにある自由を得た事に対する喜びが、そこにはあった。ハレルヤ!

今でも、あの組織の中には、私と同じように、キリストの元へと導かれるべき羊が、たくさん残っている事だろう。私は確信している。私だけでなく、主イエスは彼らをも、あの闇の組織から救い出そうとしておられ、そのための導きを与えておられるということを。

どうか今後も、たくさんのエホバの証人たちの目が開かれ、キリストにある自由と真理へと導かれますように、救い主なる神、イエス・キリストのみ名によって、お祈りしています。


あわせて読みたい

6件のフィードバック

  1. まさる より:

    管理人さんの勇気ある行動に、いつも励まされます。

    ありがとうございます。

  2. ななし より:

    たぶん会衆の人たちは管理人さんのことを悪魔のような背教者だと思ってるんでしょうけど、でもそれって管理人さんじゃなくて本部にいる人なんですよね、最近わかりました。

  3. 三島 より:

    エホバの証人の解釈である、黙示録の大いなるバビロンはキリスト教諸国だという教えに反論して排斥された元証人の女性がいて、聖書の記事を書いている【ヨハネのブログ】というサイトの管理人さんですが、その女性の解釈では米国だそうですが、それも違うと思います。
    黙示録の大いなるバビロンは、書かれている事を読むと米国のイメージとは全く一致せず、どう見ても宗教組織のイメージです。
    また、その方は排斥された後でもイエス様を被造物だと書いていました。
    また、エゼキエル38章のマゴクのゴクとはロシアなのに、イランとかイラクだとも書いていました。
    この章に書いているメシェクとトバルを検索すると、ロシアである事が分かるのにです。
    その他にも、輸血拒否や、人が死ねば灰になり意識がない、最後の裁きの後の永遠の地獄はなく灰になると信じているし、排斥されてもいまだにエホバの証人の教えを引きずっており、所詮は人は自分の信じたいものを信じる生き物だという事をしみじみ思わされます。
    偽りの霊に支配されている偽預言者や反キリスト達も、神様からの啓示を受けたと信じて疑わない人がいるのと同じです。
    この女性も管理人さんのように、家庭伝道をしてきた人です。
    大いなるバビロンの教えに逆らって手紙を書いて米国にある証人の組織?!まで持参したそうです。
    この女性にこのサイトを紹介しましたが考えは改まった感じはせず残念さを思います。

    • 三島 より:

      追伸

      「ヨハネの黙示録」の大いなるバビロンは宗教組織が有力だという事は
      下のサイトから納得できるだけのものを感じました。

      題名:「世の中の真相、新世界秩序とこれからの動向」
      https://ameblo.jp/leo085/entry-12269826834.html

    • Webmaster-GJW より:

      エホバの証人の間違いに気づき、組織を出て、「自分は偽りから目覚めた」と考える元エホバの証人の中で、実は組織からもたらされた偽りを信じ続けている、というケースはとても多いです。キリストの神性や、地獄の存在の有無などは、その典型ですね。
      本当に、教わってきたことをまっさらにして、純粋に求め直す気持ちが大切だと感じています。
      このサイトが、学び直す人々の助けに今後もなっていただけたらと願います。
      サイトのご紹介にも感謝です。三島様の働きが祝福されますように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です