教会に求められる対応③|キリストへ元へと導くために


教会に求められる対応③|キリストへ元へと導くために

信者の交わりに迎え入れる

既に触れた点ではありますが、ものみの塔は、「世との交流」を否定し、信者がエホバの証人以外の人々と必要以上に仲良くならないよう指導しています。(ここでの「世」には、キリスト教徒も含まれます)そのため、多くのエホバの証人は、外部の人々との親密な交流が少なく、真面目に活動してきた信者ほど、その傾向は顕著になります。

ですから、ほとんどの信者にとって、ものみの塔を離れることは、それまでの人間関係の多くを捨てること意味します。それまでの組織の活動に生きがいを感じてきた信者であれば、その活動を離れることによって、心に大きな穴が空くものです。また、カルト的な価値観によって揺さぶられたり、ストレスを抱えたりしている元証人も少なくありませんが、信者同士の内部批判が禁止されているために、吐き出す場を失っている場合もあります。

ですから、受け皿となる教会は、このような状況を理解し、彼らが新しい仲間と生きがいを見つけることができるよう、速やかにキリストにある交わりに迎え入れてあげる必要があります。

「私の兄弟たち。あなたがたの中に真理から迷い出た者がいて、だれかがその人を連れ戻すなら、20 罪人を迷いの道から連れ戻す人は、罪人のたましいを死から救い出し、また多くの罪をおおうことになるのだと、知るべきです。」(ヤコブ5:19~20、新改訳)

聖書の学びを提供する

エホバの証人は、多くの誤った教理を組織から教え込まれているので*[1]、正しい聖書の教えを学び直さなければなりません。ただし、一つ一つを丁寧に説明していくためには、ある程度の専門知識も求められます。お勧めの方法としては、本書やそこで紹介しているお勧め図書、ウェブサイト「エホバの証人への福音」等を先に読んでもらい、その上でわからない点などを、教会側で個別に対応していくことができます。

なお、聖書理解に問題があるとはいえ、多くのエホバの証人はキリスト教徒よりもたくさん聖書を勉強してきています。そのため、元証人の対応にあたるのは、聖書の教理にある程度精通している牧師や信徒の方が望ましいでしょう。

障害となりやすい心理を理解する

エホバの証人の社会とキリスト教の社会とでは、言葉の表現、教え、習慣などに多くの違いがありますので、その違いゆえに、教会やクリスチャンに躓く人も多くいます。例えば、「エホバの御名」が用いられないこと、十字架が掲げられていること、献金袋が回ってくること、牧師が「先生」と呼ばれていること、信徒が野外伝道をしていないこと、等々、たくさんの躓く要素が教会の中にはあるのです。

また、組織を離れた元エホバの証人は、カルトから抜け出た人に共通して見られる様々な心理的な問題を抱えている場合があります。例えば、組織を離れると、物事を自分で考え判断していく必要が生じるので、組織依存からの脱却の過程で「思考の乱れ」を感じたり、組織を離れたことによる恐怖心を抱えたりします。それで、元証人を迎える教会の信徒たちは、こうした心理的問題への理解を示し、時には辛抱強く接していくことが求められます。

なお、これらの躓きの要素や心理的問題については、本書の第五章でより詳しく説明していますので、合わせてご確認下さい。

バプテスマを授ける

キリストの福音へ正しく導かれたエホバの証人に対しては、聖書的なバプテスマを再度受け直すよう勧める必要があります。なぜなら、エホバの証人のバプテスマは、聖書的なバプテスマとは言えないからです。

教会のルールによっては、ものみの塔を正式に脱退をした後で無ければバプテスマを許可しない、という場合がありますが、エホバの証人側の状況について理解を示す余地があるかもしれません。本書でも既に述べたように、組織を正式に脱退する場合、同じ家族の信者との関係の断裂を与儀なくされます。ですから、親族の救出が完了するまでは、正式な脱退届けは良い選択とはならないのです。

また、聖書の記録を見ても、キリストを信じて救われた人は、様々な状況下で、速やかにバプテスマを受けています。ですから、教会内に洗礼を希望する元証人がいる場合は、たとえその時点でものみの塔に脱退届けを出していないとしても、当人が信仰によって新生していることが確認できれば、バプテスマを授けても問題は無いはずです。

「この人たちが水でバプテスマを受けるのを、だれが妨げることができるでしょうか。私たちと同じように聖霊を受けたのですから。」(使10:47、新改訳)

それで、エホバの証人を受け入れる教会が、このような厳しい戒律への理解を示し、洗礼を希望する元証人へ柔軟に対応して下さることが筆者の願いです。

脚注

[1] ただし、学んでいる全てのことが間違っているわけではありません。異端性やカルト性に関わるものみの塔独自の教理については、その多くが間違っていますが、それ以外の理解については比較的正しく教えられています。


あわせて読みたい

5件のフィードバック

  1. 西谷春夫 より:

    お伺いします。
    元エホバの証人の方で、教会に導かれイエスを主と信じるところまで来られているのですが、同じ会衆であった方と思われるエホバの証人の方が幾度も自宅に訪ねてこられ、エホバのほうに戻るように働きかけてこられるようです。どのように対処すべきか、教会としてどうアドバイスすれば良いのかご教示願えますでしょうか。

    • Webmaster-GJW より:

      お問い合わせありがとうございます。似たような状況はよくあることですが、普通に、「はっきりと断る」ことによって、それ以降来なくなります。なので、おそらく、イエス様を信じようとしている元エホバの方に、まだはっきりと断る意志が無い状態ではないでしょうか?もしあれば、断ることは問題では無いと思います。また、元エホバの方に、組織の間違いに対する十分な確信があるようでしたら、訪問される際に、逆に訪問してくるエホバの証人に逆伝道するのが良いと思います。そうすると、相手のJWは、間違いに気づくか、二度と来なくなるかのどちらかになります。

  2. 西谷春夫 より:

    返信をいただきありがとうございます。
    教会に求める対応③の中に、「脱退届け」という言葉が出てきていますが、それは特に出す必要は無いということでよろしいでしょうか。

    • Webmaster-GJW より:

      「訪問されなくなる」ことが目的であれば、脱会届を出す必要はございません。はっきりと断るだけで、来なくなります。どうぞご参考になさってくださいね。

  3. 西谷春夫 より:

    ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です