エホバの証人から救われて!|元JWの証・苫小牧キリスト教会 小崎稔


単立バプテスト
苫小牧キリスト教会
牧師 小崎 稔

バプテスマを受けるまでの歩み~JW二世として

 私はかつて、キリスト教異端「エホバの証人」の正規開拓者でした。

1967年12月26日、私は日本人として、神様によってこの地上に誕生しました。私の母は20歳という若さで父と結婚しました。ですから、生まれてきた子どもをどのように育てたらよいのか悩んでいたようです。丁度、そのような時にエホバの証人の婦人が訪問して来られ、「聖書が子育てに役立つ」という点からそのご婦人と家で聖書を学び始めました。しばらくしてから、母は父の反対に遭いながらもエホバの証人の教えを信じ、彼らの組織の中でバプテスマを受けてエホバの証人の一人となりました。ですから私は、生まれた頃からエホバの証人の子どもとして育てられ、エホバの証人2世として育てられました。父は現実主義者また無神論者でした。それとは対照的に母は神を信じ、エホバこそ真の神と確信してエホバの証人の活動を熱心に行なうようになり、伝道を中心とした生活をするようになっていきました。私を含め、4人の子どもたちは小さい時から手を引っ張られて家を一軒ずつ訪問し、組織の教えを人々に伝えていくようになっていきました。

私が中学校になった時、親に反発してエホバの証人から離れようとした時もありましたが、中学二年生の時に再び、エホバの組織に引き込まれ、自分の意志でエホバの証人になろうと思うようになってしまいました。なぜ、再び自分の意志で組織に入って行ったのかというと、その一つは、エホバの証人が強調している終末論にあります。それは「エホバの証人しか救われない(黙示録16章16節にある『ハルマゲドン』という神の大いなる日の最後の戦いで)ということ、さらにエホバの証人の組織の人々はとても誠実で、良い人たちであるということを実感していったこと、また2歳年上の熱心な青年のエホバの証人と親しくなり、彼の励ましによって、中学三年生の時に自らの意志でバプテスマを受けて正式にエホバの証人となりました。

「奉仕のしもべ」に任命される

バプテスマを受けてからは、「この組織こそ神の組織だ!」「終わりが近い!人々を救わなければ…!」と信じ込み、熱心に伝道に携わっていきました。私は聖書をエホバの組織の教えに合わせて理解し、あらゆる人々に組織の教えを、聖書を使って伝えていきました。私は知らず知らずに神のしもべではなく、エホバの証人の組織の奴隷となっていきました。特にキリスト教会に行っているクリスチャンに出会うなら、「教会はサタン悪魔の支配下にあり聖書から離れている。今すぐにやめなさい。」と、何も知らないのに組織から教えられた通りに語っていました。丁度、パウロがキリストに出会う前、熱心にクリスチャンたちを迫害していたように、私も同じことをしていたのです。エホバの証人の中でバプテスマを受けてから約6年間(21歳前まで)、私が住んでいた神戸市、また一時的に島根県、徳島県の田舎の地域で、偽りの教えを広めていました。組織に忠実に歩んでいたので、私が属していた会衆の中で、20歳という若さで「奉仕のしもべ」(教会の執事に当たる立場)に組織から任命されました。私は喜んで、もっとエホバの証人の組織に仕えていきたいと熱心になっていきました。

ものみの塔の誤りに気付き始める

しかし、神様はこのような私にも恵みを注いで下さり、パウロと同じように真の神であるキリストに出会うチャンスを与えて下さいました。神様は私を選び出して下さったのです。1988年5月頃、神様は一人の兄弟を用いて、エホバの証人の組織がキリスト教異端宗教であり、組織が偽りであることを教えて下さったのです。その兄弟とは、私が属していたエホバの証人の会衆の長老(教会の牧師に当たる立場)でした。彼は元々、カトリック教徒であり、そこからエホバの証人となった人でした。有能な人で、良く聖書を研究する人でした。彼は、聖書の教えと組織の教えが違うことに気づき、疑問に思う所を、後に私たちが導かれる西舞子バプテスト教会の牧師に尋ねに行っていたのです。そして私にもそれを教えて下さったのです。私は誤りを聞いて驚きましたが、一応、様々な誤りを聞き、聖書を開きながら調べていきました。

約半年間、内密にその長老と熱心に調べていきました。キリストが神であること、聖霊も神であること、そしてクリスチャンは、だれの名に信仰を持つべきか?バプテスマはだれの名によって行なうのか?だれの名のゆえに苦しみを受けるのか?だれの名によって集まるのか?など、様々な疑問が出され、それらを聖書に書かれている通りに理解していくならば、聖書はエホバ中心ではなく、キリスト中心だったことをはっきりと知ることができたのです。それらはみな、聖霊なる神様がみ言葉聖書を通して私の心に語り、理解を与えて下さったのです。エホバの証人の教えには多くの誤りがあることを知識として知りましたが、しかし心情としてはまだ理解できていませんでした。つまり、聖書との違いがありますが、それでもエホバの組織は正しい、いつかエホバがその誤りを正される、「組織は正しく、神の唯一の組織なのだ」と思い続け、その教えて下さった兄弟を避けるようになりました。

組織を離れる

このような状況の中で、1988年9月1日付けで、私は和歌山県にある一つの会衆に組織の任命で移ることが決定していました。それはまだエホバの証人があまり活動していない所に派遣されるというものです。後から考えると、これらも神様の導きであったと思います。もし、移ることがなく今までの所でエホバの証人として歩んでいたら組織を出ることは難しかったことでしょう。なぜなら、私の家族や友人等、周りの人々はみなエホバの証人であり、非常に結びつきが強かったので組織を出る勇気を持つことができなかったと思います。神様が私をその場から離して下さって、組織を出やすくする環境を整えて下さったのです。

またさらに私が和歌山県に移る前、私がのちに救われた教会である西舞子バプテスト教会の牧師と副牧師が、ある土曜日の午後、私の家を訪問して来ました。私にエホバの証人の間違いを教えて下さった長老が、私の所に訪問するよう牧師たちに連絡していたのです。その時、牧師はヨハネ8章から「イエス・キリストは神であること」を話して下さいました。その時はまだ組織に従っていましたので反論していましたが、聖書からの明解な証しは、私の心に印象深く残りました。

このような状況の中で、私は和歌山県に移り住み、エホバの証人として人生を歩もうとしました。しかし組織の間違いを知ったゆえに熱心にエホバの証人として歩むことができませんでした。自分ではかたくなに「組織は間違っていない」と自分に言い聞かせていましたが、聖書を読めば読むほど真理の言葉が心に入り、組織の誤りがわかって苦しみました。聖霊なる神様が私の心をさぐり、真理を追い求めるよう動かしていかれたのです。私は祈りの中で「神様、本当の真理を教えてください。あなたが導いて下さるどんな道でも従います」と泣きながら叫びました。結果として和歌山県に行ってから2か月後、1988年10月20日にエホバの証人の組織に断絶届を出してやめました。組織を出た時は精神的に混乱状態になっていました。それは組織を止めるとエホバ神から滅ぼされるということを教えられていましたので恐怖心から一時的に混乱状態となりました。しかしイエス様が守って下さいました。神様は本当に真理を求めている人の祈りを聞いて下さり、救いの道を差し伸べて下さる方であることを確信しました。

「聖書」に従う決心をする

私が組織をやめることができたのは聖霊の働きですが、最終的に決心できたのは、聖書が誤りのない完全な神のことばであり、唯一の権威の書として聖書に従っていきたいという強い思いがあったからです。聖書の第二テモテ2章15節には「真理のみことばをまっすぐに説き明かす、恥じることのない働き人として、自分を神にささげるよう、努め励みなさい。」というパウロがテモテに勧めているみ言葉がありますが、私にとって強烈なみ言葉でした。この御言葉を通して、私は組織にではなく聖書に完全に従っていく決心をして組織を出ました。

その時、エホバの証人の組織をやめたのは研究生(まだ正式にエホバの証人になっていない人)や子どもたちを含めて約30名の人々でした。そして神様は私たちをキリストに結び付けるために聖書を正しく教えている教会へと導いて下さいました。それが神戸市にある西舞子バプテスト教会でした。

西舞子バプテスト教会で真理を確信する

1988年10月23日、生まれた初めてキリスト教会に行き、礼拝に出席しました。私は驚き、同時に感動しました。元気に、生き生きとした声で神様を賛美している人々の姿、また聖書から語っている牧師の姿、みことばの素晴らしいメッセージを聞くことができました。「教会はサタンの手先だ」「聖書から離れており、牧師は世間話ばかり講壇から話している」「キリスト教会は腐敗している」と何度も何度も教えられ、自分の目で確かめず、私は組織が言っていることを鵜呑みにしていました。

しかしそれらは全くの偽りであったことを確信することができました。今は、キリスト教会に本当に真理があることを確信しています。私は喜びのうちに真理を確信し、次の聖日(10月30日)に、イエス・キリストを真の神、私の救い主として信じ受け入れました。救いの決心に至った聖書の言葉はいくつかありますが、特にローマ書3章23-26節、第一ペテロ1章8・9節です。これらの聖書のことばから私は神の前に罪人であることを認めることができ、その私に罪からの解放・救いを与えてくださったことを知ることができました。

不思議なことですが、エホバの証人は「罪」を「不完全」という言葉にすり替えて、人が罪人であることを弱めています。ですから罪について言いますが、罪人という自覚をもっていません。しかし私は、神の前に罪人であることがはっきりとわかり、自分自身が真の神から離れて背を向けていた一人の罪人であることを認めて悔い改めました。キリストを心から愛し、キリストの身代わりの十字架の死による犠牲によって救われ、この救い主イエス・キリストを一生涯、人々に伝えていきたいという強い思いが与えられ、信仰をもちました。救われたことに心から感謝しています。

生まれ変わりと宣教の使命

私は救われて生まれ変わり、救いと同時に自分自身をすべて主にささげる献身をしました(ローマ12章1節)。キリスト教宣教師であったパウロが主に導かれて伝道者となったことを覚えます。パウロは以前、クリスチャンを迫害していた人物ですが、復活のキリストに出会い、回心しました。(ガラテヤ1章13-17節)パウロはより広く・遠く、キリストの証人としてキリストを人々に宣べ伝えていきました。神が選び出して下さり、異邦人の使徒として下さったのです。私も神様が選び出して下さり、神様が私にご計画をもって下さっていることを確信しています。

パウロはローマ書1章14-16節で「返さなければならない負債(伝道する責任)を負っています。・・…私は福音を恥とは思いません。」と述べました。このみ言葉は、私を献身へと導きました。私はパウロと同じように、エホバの証人の時、偽りの教えを人々に広め、キリスト教会を攻撃していた者です。ですから本当に多くの負債を負っている者です。このような者に救いを与えてくださったキリストの福音を語らずにはおられません。私は神様の御心に従い、多くの人々にキリストを伝えたい、人々を救いへと導く働きをしたいという強い導きを受けて、救われて一年後、関西単立バプテスト神学校に入学しました。それから5年間、神学校で学びと訓練を受けて卒業し、卒業後、母教会である西舞子バプテスト教会で10年間、副牧師として神様に仕えることができました。

その後、救われた時に与えられていたビジョン、それは日本において開拓伝道をすることでしたが、神様の導きの中、単立バプテスト苫小牧キリスト教会を北海道苫小牧市において、2005年9月から全く何もない所から伝道・牧会をスタートすることができました。家族4人で移り住み、知り合いもいない所からのスタートでしたが、神様は少しずつ救われる魂を与えて下さいました。様々な困難や試練がある中、12年が過ぎましたが、今も喜びと感謝をもって伝道・牧会をすることができています。これからも神様がさらに多くの人々を救いへと導いて下さると確信しています。主イエス様が来られる時まで、聖霊なる神様に頼りつつ、神様の栄光を現わす者として励んでいきたいと願っています。ハレルヤ!!


あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です